仰天!回転する喫茶店!?
でも、それに何の意味が(笑)

 山の頂上に建つ回転レストランというのをご存じだろうか?店自体が360度回転して窓から眺める大パノラマをさらに楽しませてくれるアレだ。
 愛知県一宮市の『珈琲館ロータリー』は“回転喫茶”として地元では有名。どんな景色を楽しませてくれるのか?期待に胸を膨らませつつ店へと向かったのだが、店を一目見た瞬間にそれは見事にぶち壊されてしまった。
 何しろ店が建っているのは山や丘の頂上ではなく、田んぼのど真ん中。と、いうことは360度見渡す限り田んぼ。そんなシチュエーションで建物を回転させる意味があるのだろうか?マスターに突っ込んでみたところ、
「何言っとりゃぁす!店が回転すること自体が面白れぇんだがね。よその店では絶対に味わえぇせんよ」との返事。
 何でも、店がオープンした7年前は周囲に喫茶店が10軒以上もあり、何かよその店にはないモノをと考えたのがこの“回転喫茶”というスタイルだった。とは言うものの、営業時間中ずっと回転し続けているワケではない。
「午前9時半と午後2時からの1日2回、回るんだけどよぉ、店が回ることを知らずに来たお客さんは出口の位置が微妙に変わっとるでビックリしとらっせるわ。それと店の真ん中にある厨房が軸となって回転するもんだで時間によっては厨房の出入り口が塞がれてまう。みんなカウンターの下から這って出とるわ」
 そ、それって設計ミス…?
(2001年7月11日)

リストへ戻る
次へ